大伴家持(おおとものやかもち)ホール

yakamoti_img01

大伴氏の長として政治の世界を生き抜き、さらに万葉歌人として活躍した大伴家持の生涯にスポットをあて、万葉びとの生き方や感性に迫ります。
因幡における家持の生活の再現映像などをとおして、万葉集の世界をより身近に感じていただけます。

大伴家持
天平宝字2(758年)、因幡国守として現在の国府町へ赴任。
翌年の元旦に万葉集の最後を飾る歌を詠んでいます。
yakamoti_img02
yakamoti_img03

主な展示

  • 山陰ゆかりの万葉歌人
  • 家持の自署(複製)
  • 家持の人物像と生涯

常設展示室 ~因幡の古代~

jousetu_img01

東アジアの中の因幡国という歴史的視野にたって、国府町に残る史跡梶山古墳や岡益石堂などの遺跡をとりあげ、原寸大の模型で再現展示しています。模型や複製などがならび、古代因幡国へと誘います。

jousetu_img02
jousetu_img03

主な展示

  • 梶山古墳石室(複製)
  • 岡益の石堂(再現)
  • 因幡国庁模型
  • 奈良時代の役人の仕事
  • 平安時代の国司の紹介

伊福吉部徳足比売(いふきべのとこたりひめ)ホール

toko_img01

釆女(女官)として都で天皇に仕えた因幡の豪族の娘、徳足比売。従七位下の位を授かり、死後は当時では珍しい火葬にふされ、銅製の骨つぼに納められ、ふるさとの因幡に葬られました。

伊福吉部徳足比売
因幡の豪族、伊福吉部氏の娘。墓跡は国の史跡、墓誌が刻まれた骨蔵器は国の重要文化財です。
toko_img02
toko_img03

主な展示

  • 伊福部徳足比売骨蔵器(複製)
  • 古代の火葬について
  • 豪族伊福部氏の紹介

企画展示室

kikaku_img01

大陸文化の強い影響を受けた当時の服飾や古代の染織について、また、和食の原点ともなった食文化などを再現して、万葉びとの世界を紹介します。

kikaku_img02
kikaku_img03

主な展示

  • 大伴家持の食膳(模型)
  • 小野小町の食膳(模型)
  • 万葉の染・織

民俗展示室 ~因幡の民俗芸能~

minzoku_img01

因幡地方と近辺でしか見られない民俗行事、一本角の『麒麟獅子舞』を紹介しています。迫力溢れる麒麟獅子の雰囲気を味わってください。また、定期的に古代の歴史をテーマにした企画展示を行っています。
地域の文化活動の発表にも利用されています。

主な展示

  • 麒麟獅子頭

※企画展開催中や展示準備期間中など、展示内容が変わることがあります。

屋外展示

out_img01
out_img02

万葉と神話の庭

一歩外に出れば、回遊式庭園があり、せせらぎに耳を傾けながら「万葉集」に詠まれた約40種類の植物や、国府町にちなむ彫刻を散策できます。
9つの鳥や犬などをモチーフにした彫刻が庭園のいたるところに配置されています。四季折々を彩る万葉植物を楽しめます。

out_img03

時の塔

当館のシンボルタワー「時の塔」。高さ30mの展望室からは史跡国庁跡をとりかこむ面影山・今木山・甑山をはじめ、眼下に広がる平野を一望に見渡すことができます。
周辺には高い建物がないので、鳥取市街地までを一望でき、爽快な気分を味わっていただけます。

out_img04

伝承館

因幡の傘踊りなどの練習・発表のほか、音楽会や演劇・舞踏などにも利用できる多目的なオープンスペースです。
「万葉集朗唱の会」や「因幡の傘踊りの祭典」などの舞台となっています。フリーマーケットやコンサートなど、開催希望の場合はお気軽にお尋ねください。

out_img05

時の広場

時を刻む日時計をモチーフに、さる・とりなどの「十二支」の彫刻が各方角に配され、悠久の時を感じることができます。
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支の石像が各方角に配置され、かわいらしい表情をのぞかせています。