共催展「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」

アニメーションの美術監督として、草創期から数多くの名シーンの背景画を生み出してきた山本二三は1953年生まれ、長崎県・五島列島出身。宮崎駿監督の初演出テレビシリーズ『未来少年コナン』で美術監督に抜擢され、以降、『天空の城ラピュタ』『火垂るの墓』『もののけ姫』『時をかける少女』等、美術監督として数々の名作に携わりました。

入念な取材とデッサンに基づき描かれる、緻密で繊細な背景画の数々は物語に説得力を与え、見る人をアニメーションの世界に引き込むことから“日本のアニメーション美術の創造者”と呼ばれるようになりました。

本展は、作者自選の手書きの背景画、スケッチ、イメージボードなど、初期から代表作まで約230点を一堂に公開し、山本二三の背景画の魅力を余すところなく伝えます。

 

くわしくはこちら(新日本海新聞社HP)→(外部リンク)

 

 

(主催) 新日本海新聞社

(共催) 公益財団法人鳥取市文化財団

開催期間 令和3年4月10日(土)~5月9日(日)
観覧時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
会場 鳥取市歴史博物館 特別展示室
料金 一般・大学生1,000円(前売り800円)  / 中学・高校生800円(同600円)
備考

※鳥取市歴史博物館主催事業の割引規定の適用外です。

※小学生以下は無料
※有料対象20名以上の団体は前売り料金
※障がい者手帳を提示していただいた本人は無料(介助者は有料)
※「日本海新聞みみちゃんクラブ」会員は当日料金の100円引き